​V2L

体温検知・顔認証AIシステム

 

・表体温検知・顔認証AIカメラー『V2L』は、単体でもネットワーク環境でも使用が可能なタブレット型顔認識・表体温検知可能なサーマルカメラです。

 

・OSには、Linuxを採用し、CMSソフトウエアを搭載したオールインワンタイプの製品です。(※CMS:Customer management systemSoftware)

 

・7インチLCDを搭載したタブレットと表体温測定に特化したサーマルカメラ、フルHDの可視カメラAI顔認証機能が一体化されています。

 

・V2Lは、ネットワーク接続をすることで、ブラウザ上からCMSの各設定やの履歴確認(異常体表面温度検知時)等のデータを用いて、他システムとの連携により、幅広い運用・管理を実現致します。
(※ONVIF(Open Network Video Interface Forum)には準拠はしておりません。)

 

・COVID-19/ウィルス への感染予防にご利用いただける製品です。


 

​V2L 主な特徴

誤差±0.3℃の高精度測定が可能、非接触でウィルス感染リスクを軽減     

AIにより、表体温測定誤差±0.3℃と高い精度で、体温測定が可能です。あらかじめ設定した以上の体温を検知した場合には、アラートを即座に通知します。対象者に接触することがないので、感染リスクを抑えることが出来ます。

AI顔認証~マスクした状態でも認識

顔認証とIDで管理することで、従業員の顔を社員証として活用でき、勤怠管理や入室管理の際に、セキュリティ管理を高めることが可能です。また発熱者の早期発見に役立ち、集団ウィルス感染のリスクを抑えることに貢献できます。

※次期ファームアップにて、デザインマスク等での“縦線横線・逆光補正の強化”を予定。

VPLUS画像1.png

発熱者を即座に検知

温度検出時間が約1.5秒。短時間で多人数の検温が可能です。温度管理以外に、AI機能を用いて、

『マスク未着用警告・顔認証』機能を具備しております。

vplus-logo (2).png

V2Lとは

V2L画像緑.png

マスク着用正常(緑)
(音声メッセージ)
“通過してください” or  “いらっしゃいませ”

V2L画像赤.png

マスク未着用警告(赤)
(音声メッセージ)
“マスクをしてください”

※鼻が隠れていない場合やマスクをしていない場合
※高体温の場合例37.5℃以上等

専用スタンドで簡単設置。既存の入退ゲート、警報ランプなどの連帯も可能

設備費として少ない費用で運用が可能です。卓上ブラケット、床上ポールブラケットを用意しています。

回転灯や警告ブザーなどとの連携により、検知確認の効率アップが図れます。

声のレパートリー/変更可能が可能(有償)※今秋予定

音声は、『通過して下さい(標準)』に加えて、『いらっしゃいませ』を追加予定。※選択となります。

また、独自に、音声を変更したい場合は、カスタマイズにて対応予定。

V2L-仕様.png