​ソリューション別に見る

 

COMMVAULT 

commvult.png

ポイントレベルソリューションからのパラダイムシフト

Gartner社の調査において、今までのポイントレベルのソリューションでは、もはや企業がデータを管理することが困難になるだろうという結果が出てきております。Commvault社はいち早くこの点を打開し、業界唯一の統合データ管理プラットフォームCommvaultを開発しました。他社にはないユニークなアーキテクチャにより、様々な課題を解決できます。

グラフィックシェイプ

サービスメニュー

TCOの削減

単一プラットフォームによる統合データ管理というアプローチにより、各プラグインによるデータ相互運用性の向上、データ管理の容易性、リカバリの即効性、監査におけるデータ検索性が高まり、TCOを含めた総コストの削減を図ることができます。

最適な構成

バックアップサーバーのハードウェア設計は非常に困難です。データベースやログのサイズ、重複排除DBのIOPS等、考慮すべき多くの点にシステム管理者が皆頭を悩ませます。

シー・エル・シーは、長年の経験と実績で、オーバースペックでもスペック不足でもない最適な構成を、お手頃価格でご提供致します。

Commvaultサポート窓口に直接日本語でお問い合わせできるようになりました。

お客様ポータルサイト「メンテナンスアドバンテージ」からインシデント登録で日本語でお問い合わせいただけます。

​​

  1. メンテナンスアドバンテージにサブアカウントでログインします。
    https://ma.commvault.com/
     

  2. 「共通ポータル機能>新しいインシデントを開く」からお問い合わせいただけます。

商談成立
 
Metallic-Logo-RGB-Tagline-horizontal.png

クラウドベースのバックアップサービス

IT組織がCommvault Backup & Recovery やHyperScale X 用のクラウドストレージを簡単に採用できるようにする統合クラウドストレージターゲットです。 デジタルトランスフォーメーションを容易にし、コストの削減、リスクの軽減、無限の拡張性を実現します。

Metallic優位性.png

Metallicとは

  • ワールドワイドですでに1000社以上の導⼊実績あり

  • 業界をリードする既存のCommvault製品のエンジンをMicrosoft Azure上のプラットフォームへ展開

  • オンプレミスストレージへのデータ保管にも対応したハイブリッドモデルを標準で提供

1Metallicとは.png

​このようなお客様にお勧めです

  • BaaSを使⽤して簡単にバックアップを⾏い、管理の負荷を減らしたい

  • 点在するワークロードを⼀括で管理したい

  • BaaSを使⽤することにより、よりセキュアなバックアップシステムを構築し、マルウェアなどの対策に使⽤したい

  • 固定資産を減らし必要に応じた投資をしたい

オフィス

​メリット

シンプルなインターフェース

SaaSモデルとして全てをWebインタフェースで提供

バックアップに必要な設定や操作はすべてMetallicクラウド上のWebコンソールで実行することができます。

特別なクライアントツールを導入する必要はありません。

MetallicUI.png

幅広いMetallicの保護対象

SaaSモデルとして全てをWebインタフェースで提供

※ 最新データは https://metallic.io/ を参照してください。

Metallic保護対象.png

ハイブリッドなシステム構成

MetallicはBaaS製品でありながら、Metallicストレージだけでなく、オンプレミスのストレージやBYOクラウドストレージをデータのバックアップ先として指定することができます。( 組み合わせについてはお問い合わせください)

またオンプレミスストレージにバックアップした仮想マシンをAzure・AWSクラウドインスタンスへ変換リストアすることができるため、クラウドへの移行も簡単に短時間で行うことができます。

Metallicの標準ストレージを使用する場合

Metallicシステム構成.png

BYOストレージの使用も可能

Metallicシステム構成BYO.png

ハイブリッドバックアップ構成が可能

Metallicシステム構成ハイブリッド.png

究極のセキュリティ

強固かつセキュアなサービスでランサムウェアに備える

Metallic Cloud Storage Service は、階層型エアギャップ クラウド セキュリティに加え、Commvault 内で管理されたセキュアな制限付きアカウント アクセスとデータ分離機能を備えています。セカンダリ コピーをランサムウェアやその他の危険から守ることができます。

Metallicセキュリティ.png

物理セキュリティ

  • MetallicはMicrosoft Azureクラウドサービスを用いたSaaSです。

  • Azureの物理的なアクセス制御については以下を参照してください。

https://docs.microsoft.com/en-us/azure/security/fundamentals/physical-security

通信セキュリティ

  • MetallicのControl Planeへの接続はHTTPSで暗号化しています。

  • バックアップデータの送信/転送は常時HTTPSで暗号化しています。

  • WAF, MFAによる不正アクセスからの防御を可能にしています。

アプリケーションセキュリティ

以下の定期的なテストを実施しています。

  • ペネトレーションテスト

  • Red Teamオペレーション

  • 社内/第三者によるセキュリティリスクテスト

  • アンチウイルスによる評価とシステムの監査

  • 脆弱性チェック

  • OWASP(Open Web Application Security Project)の手法に従ったWebサービスやAPIのセキュリティの確保

データセキュリティ

暗号化は以下のポリシーで適用しています。

  •  バックアップデータはAES256で暗号化

  •  テナント固有の暗号鍵を使用

  •  Azure Key Vaultによる鍵管理

  •  30日単位の鍵ローテーション

  •  FIPS140-2取得済

監査証跡

  • Metallicサービスへのアクセスや操作を追跡可能にしています。

  • 第三者によるIRP(インシデントレスポンスプラン)に基づく定期的なテストを実施しています。

  • デイリースキャンの実施と監査を行っています。

認証

  • FIPS140-2

  • ISO.IEC 27001:2013

  • SOC2 Type II

  • GDPRの特定要件への準拠

Metallic認証.png