VPLUS-logo.png

V2L-Pro

体温検知・顔認証AIシステム

V2L-Proは、単体でもネットワーク環境でも使用が可能なタブレット型顔認識・表体温検知可能なサーマルカメラです。AIによる顔認証でIDと共に管理することで、勤怠管理や入室管理の際にセキュリティ管理を高めることも可能です。

V2Lw_Face-temp0902.png

・OSにはLinuxを採用し、CMSソフトウエアを搭載したオールインワンタイプの製品です。(※CMS:Customer management systemSoftware)

 

・7インチLCDを搭載したタブレットと表体温測定に特化したサーマルカメラ、フルHDの可視カメラAI顔認証機能が一体化されています。

 

・ネットワーク接続をすることで、ブラウザ上からCMSの各設定やの履歴確認(異常体表面温度検知時)等のデータを用いて、他システムとの連携により幅広い運用・管理を実現致します。
(※ONVIF(Open Network Video Interface Forum)には準拠はしておりません。)

 

・COVID-19/ウィルス への感染予防にご利用いただける製品です。

​メリット

サービスメニュー

  • 顔認証とID管理・AI顔認証マスクをした状態でも認識(マスク未着用警告・顔認証)

  • 体温検知以外の防犯対策、他システムとの連携による統合管理を実現

  • 発熱者の即座に検知・早期発見・日常の予防対策(従業員・お客様への集団ウィルス管理の徹底)

  • 誤差±0.3℃の高精度測定による、非接触でのウィルス感染リスクを軽減

  • 入退出時の回転灯や警告ブザー・ゲート連携に検知確認の効率アップ

  • 防犯対策による軌道分析による不審者管理など

  • 7インチのタブレットサイズに高性能カメラ、高機能熱感知装置や便利なアルゴリズム機能が搭載

  • 測定温度範囲:36℃~42℃(誤差±0.3℃)/測定距離0.5~2.5m

  • 1モニタで最大64台のカメラ画面の情報管理がリアルタイムで実現

V2L_img.jpg

発熱者を即座に検知

温度検出時間が約1.5秒。短時間で多人数の検温が可能です。温度管理以外に、AI機能を用いて『マスク未着用警告・顔認証』機能を具備しております。

V2S_img001.png

※鼻が隠れていない場合やマスクをしていない場合
※高体温の場合例37.5℃以上等

ネットワーク用途

・InternetVPNを用いた運用

通信事業者の閉域IP網を使用して、仮想のネットワークを構築します。

MPLSと呼ばれる転送技術を用いることで、より専用線に近いセキュアな環境を利用できることが特徴です。導入には通信事業者とのサービス契約が必要なため、VPN機器を購入、設定する必要はありません。

・Wi-Fi接続

接続例:WAVLINK AC1200

WIFI無線LAN中継機は日本の電波法に認定された製品です。

稼働テストも行っております。

 

・ネットワーク連携プロダクト

回転灯/フラシュLED/ワイヤレスピンポン/入場ゲート(Wiegardインターフェイス)

などと連携可能です。

利用シーン

オフィスビル・警備会社

ビル管理会社・ゼネコン・

マンション等の建設会社

 

ショッピングモール運営会社

施設運営会社

学内・大手病院

 

中規模ストア

 

オフィスビル管理会社

 

流通小売り大型チェーンストア

​外観

V2L_img02.jpg
V2L_img01.jpg