仮想レプリケーション

Zerto 

Zertoとは

Zertoはクラウド環境や仮想化環境に、アプリケーションのデータ保護を目的とした完全なBC/DRサービスをご提供致します。また、異なるストレージ間やハイパーバイザー(VMware/Hyper-V/AWS)間でもレプリケーションが可能なため、DRツールとしてだけではなく、ハイパーバイザーやストレージ間のマイグレーション・ツールとして使用するなど、様々な提案が可能なソフトウェアです。

zerto1.png

こんなご用件に簡単に対応できます!

  • VMware環境かHyper-V環境での災害対策を検討している

  • AWSを利用して災害対策を検討している

  • VMWareを最新のバージョンへバージョンアップしたい

  • VMware環境からHyper-V環境へリプレイスしたいが、長時間停止できない

  • Hyper-V環境からVMware環境へリプレイスしたいが、長時間停止できない

  • 仮想環境からAWSへリプレイスしたいが、長時間停止できない

製品特徴

  • RPO数秒、RTO数分の高パフォーマンスのレプリケーション

  • ハイパーバイザーベースで動作する仮想化環境のためのデータプロテクション・ソフトウェア

    • VMware

    • Hyper-V

    • AWS

  • ジャーナルベースのレプリケーション

    • 仮想化環境へのパフォーマンスの影響がほぼなし

    • つねに同期されている状態を維持

    • スナップショットを使わないため、ディスク領域をあまり必要としない(10%程度)

  • 異なるハイパーバイザー間、異なるストレージ間でのレプリケーションが可能 – ハイパーバイザーの種類やバージョン、ゲストOSやアプリなどに依存しない。

    • ストレージに依存せずにレプリケーション可能。どんなストレージも使用可​

異なるハイパーバイザーへのレプリケーション

仮想化環境がVMware vSphereでもHyper-Vであっても、Zerto は、プライベートクラウド、サテライトオフィス、Zerto DRaaS、AWS間で一つのソフトウェアでエンタープライズクラスのDRソリューションをご提供致します。

zerto2.png

復旧ポイントへの巻き戻し

Zertoは単純なレプリケーションだけではなく、特定の時刻まで巻き戻す事が可能。進化した災害対策ソリューションをご提供致します。

zerto3.png

ジャーナルファイルレベルリストア

レプリケーションで利用しているジャーナルを利用して、仮想マシン内のファイルリストアが可能。

Zertoはファイルを誤って消してしまった場合やファイルが壊れてしまった場合にも力を発揮します。

zerto4.png

フェイルオーバーテスト

本番運用に影響を与えることなく、「整合性が取れているか?」「問題なく稼働しているか?」などを確認することができ、災害時を想定したシステム避難訓練も安全に実施可能です。

マイグレーションで利用する場合も、テストフェイルオーバーで正常に稼働している事を確認後、切り替えを行うことにより、安全な運用が可能となります。
下図画面の『FailOver』ボタンを押せば「実施」、『STOP』ボタンで「解除」といったように操作も簡単です。

image.png

導入事例: 

 

 

ご提案システム: Zerto Virtual Replication(ZVR)

 

 

 

 

 

 

 

 

Ahresty jirei.png
zerto.jpg

お客様課題:

・ オンプレミスだけでなくパブリッククラウドサービスにも容易に展開可能なバックアップ/DR環境の構築

・ トラブルのない、確実かつ、ほぼリアルタイムなレプリケーションを実現し、ハイブリッド/マルチクラウド環境においても統合管理/監視が可能な 運用体制を実現したい。

導入結果:

・ ハイブリッド/マルチクラウド環境における柔軟かつ確実なバックアップ/DR環境を構築。

・ 数秒のRPO(目標復旧時点)、 数分のRTO(目標復旧時間)を実現する高速なレプリケーションにより、障害からの迅速な復旧が可能に。

 

・ 多機能ながらも操作が容易で分かりやすい、インターフェースにより、運用管理負荷を大幅に抑制を実現。

 【ここがポイント】

 

300GBの仮想マシンのレプリケーションをほぼリアルタイムで実現

株式会社アーレスティ様 事例 

 事業内容:

 ダイカスト製品、アルミニウム合金地金、フリーアクセスフロアパネル、ダイカスト周辺機器の製造

お客様の声:ITシステム部 N部長様

・ZVRの採用により、オンプレミスとパ ブリッククラウドサービス間を柔軟にやり取り可能なバックアップ/DR環境の構築ができた。ハイブリッド /マルチクラウド環境下でも単一のインターフェースを通じて、一元的に設 定や監視が行えるので、運用管理負荷も大幅に抑制されている。現在、最大 300GBほどの仮想マシンのデータをオンプレミス、あるいは、各クラウド サービスに対してレプリケーションしているが約6~10秒程度と、ほぼリ アルタイムに近い時間で終えられているので評価する。

某大学病院 事例

ご提案システム : VMware4.xから6.5へのリプレース
zerto.jpg

お客様課題:

・ 3ヶ月の間で170VM移行を行う。

・病院のシステムなのでダウンタイムは最小である必要がある。

導入の決め手:

・現行仮想環境と新仮想環境のvSphere/vCenterバージョンが異なっていても移行可能。

・金曜日に仕掛けて月曜日夜に移行というスケジュールが可能。

・ダウンタイムは簡単な稼働確認を含めても30分程度。

・テストモードでの検証が可能。

(異なるIPアドレスで仮想マシン起動をさせる)

 【ここがポイント】

 

簡単な稼働確認を含めてもダウンタイム約30分で移行可能

【構成図】
Zerto事例byoin.png

某損害保険会社 事例

お客様課題:

・ HCI(VXRail)にリプレースをしたが各拠点毎にサイロ化してしまった。

・開発環境で作成したVMを本番環境に移設するには、エクスポート/インポートしか方法がなく時間がかかってしまう。

導入の決め手:

・過去に検討したSRMに比べて圧倒的に簡単でシンプル。

・弊社の選定は技術力を評価。

​・他のプロダクトでの導入実績があり現場の強い要望があった

zerto.jpg

 【ここがポイント】

 

過去に検討したSRMに比べて圧倒的に簡単でシンプル

Zerto事例sonpo.png
【構成図】